LED式A型看板

LED式看板のイメージイラスト

※写真の光り方はイメージです。

表示面が光るA型看板。暗くなってからもポスターなどの掲示物を明るく映し出すのでインパクト抜群の光るA型看板です。

非電飾の従来のA型看板の悩みのひとつは、暗くなると見えづらくなってしまうことではないでしょうか。非電飾タイプのスタンド看板は自力で光ることができないので必要に応じてスポットライトなどを取り付ける必要がありました。本カテゴリのLED式のA型看板は看板本体にLEDを搭載することでポスター部分を背面から照らすことができます。

スポットライトのように光が一か所に集中するのではなく、ポスター全面が均一に明るく光りますので特に周辺が暗い場所ではポスター部分だけが際立って見えます。

明かりのついていない昼間は一般的なA型看板同様にお使いいただけます。

夜遅くまで営業されている店舗や店頭に明かりがなく看板の視認性が落ちてしまっている場合などにLED式のA型看板が店頭で明るく光るのでアイキャッチ効果を高めることができます。

もちろん、屋外でもご利用いただけますので昼夜問わず店舗の店頭でメニューやサービスのPR・販促にお役立ていただける機能的なLED式A型看板です。

サインモールで、LED式A型看板・電飾看板をもっと見る

LED式で光るA型看板 一覧

A1・片面

A型看板 LEDグリップA A1サイズ 仕様/カラー:片面/シルバー (39410***)

販売価格(+税)

47,400

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防水仕様なので屋外での使用も可能です。

A1・片面

A型看板 LEDグリップA A1サイズ 仕様/カラー:片面/ブラック (39410BLK)

販売価格(+税)

46,452

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防水仕様なので屋外での使用も可能です。

A1・両面

A型看板 LEDグリップA A1サイズ 仕様/カラー:両面/シルバー (39411***)

販売価格(+税)

79,968

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防水仕様なので屋外での使用も可能です。

A1・両面

A型看板 LEDグリップA A1サイズ 仕様/カラー:両面/ブラック (39411BLK)

販売価格(+税)

81,600

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防水仕様なので屋外での使用も可能です。

B1・片面

A型看板 LEDグリップA B1サイズ 仕様/カラー:片面/シルバー (39412***)

販売価格(+税)

58,800

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防滴仕様なので屋外での使用も可能です。

B1・片面

A型看板 LEDグリップA B1サイズ 仕様/カラー:片面/ブラック (39412BLK)

販売価格(+税)

58,800

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防滴仕様なので屋外での使用も可能です。

B1・両面

A型看板 LEDグリップA B1サイズ 仕様/カラー:両面/シルバー (39413***)

販売価格(+税)

108,780

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防滴仕様なので屋外での使用も可能です。

B1・両面

A型看板 LEDグリップA B1サイズ 仕様/カラー:両面/ブラック (39413BLK)

販売価格(+税)

111,000

大人気のグリップAにLED内蔵タイプが登場!A型電飾看板の決定版! 驚きのロープライスLED看板。防滴仕様なので屋外での使用も可能です。

LED式A型看板に使用するポスターの材質について

LED式A型看板に使用する印刷は光の透過性が高いバックライトフィルム(電飾フィルム)がオススメです。一般的なポスターだと光の透過性が低く光が抜けづらいのでせっかくの背面の明るさが前面に現れてこず、暗い印象になってしまいます。

その点、バックライトフィルムの場合、しっかりと発色良く光を透過できるので明るくキレイに表示することができます。

屋外で使用する場合、防水加工が必要になります。

従来のA型看板同様、LED照明部分は防滴仕様になっておりますがポスターフレーム内部には水が侵入したり、結露や水滴が印刷物を濡らすことがありますので使用するポスターには防水加工が必要です。

ラミネートをする際にはホットラミネート(パウチ)加工の場合、天地左右のラミネートの縁の分だけ仕上がりサイズがポスターサイズより大きくなってしまい、フレームにポスターが収まらなくなってしまう場合があります。コールドラミネート(片面ラミネート)なら縁が出ないのでコールドラミネートがオススメです。

PAGE TOP